岡山に行ったら自然豊かな菩提寺の大イチョウを見に行こう♪

重要なお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大防止などにより、各施設が臨時休業、または一部利用不可となる場合があります。
営業状況や再開の予定などは、各施設へ事前にご確認ください。

岡山に行ったら自然豊かな菩提寺の大イチョウを見に行こう♪

この記事をシェアする

菩提寺には900年のイチョウの木がある

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉菩提寺で有名なのは、なんといってもイチョウの木。菩提寺の境内の中にあるイチョウはなんと樹齢推定900年!高さ約40mで目通り幹囲が約13mもある巨木で、菩提寺を訪れたら、まず目に入るでしょう。岡山県イチの大木。浄土宗の開祖法然上人が学問の成就を祈願して挿した杖から芽吹いて、この大イチョウが育ったと言われています。

900年の歴史を静かに見守ってきた大イチョウの迫力に圧倒されるとともに、力強いパワーを感じられるでしょう。

 

 

菩提寺のイチョウは天然記念物

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉 天然記念物
菩提寺のイチョウは、写真で見るだけでも900年の時代を見続けてきた町の長老のような風格を漂わせています。見る人を圧倒させる菩提寺のイチョウの木は、国の天然記念物でもあるんですよ。

 

那岐山の中腹あたりに位置する菩提寺の本堂と大イチョウの木、そしてその周辺の杉や木立との景色は日常とはかけ離れた神聖で威厳ある雰囲気を漂わせていて、多くの人をいつも魅了し、そして癒してくれる岡山の母のような存在なんです♪

 

 

全国銘木百選にも選ばれている

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉
菩提寺のイチョウの木は、岡山で一番の木というだけではありません!国の天然記念物にも指定されていて、さらには新日本名木百選にも選ばれているんです。日本各地にある素晴らしい木々と肩を並べても引けを取らない、一見の価値あるイチョウです。

 

またこのイチョウの木の北側に伸びている枝が大雪でしなり、地面についたところからさらに分枝してイチョウが育ち、すでに樹齢200余年になっているんです!生命力の強いこのイチョウの木から、ぜひパワーをもらってくださいね。

 

 

菩提寺の歴史

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉
イチョウの木だけが見どころではありません!菩提寺も由緒あるお寺なんです。浄土宗・知恩院派の寺院で、浄土宗の開祖である法然上人が幼年期に修行したお寺です。もともと法相宗のお寺で、建てられた時代は奈良時代に行基が開いた、または持統天皇の時代に役小角が開いたなどと伝えられています。

 

山岳仏教の拠点として七堂伽藍三十六坊がありましたが、残念ながら室町時代の兵火によって現在は本堂のみになっています。本堂だけですが、その場に立って見てみると千数百年の霊地の威厳を感じられるでしょう♪

 

 

2019年の台風で一時ライトアップは中止に

菩提寺の大イチョウは、毎年葉が色づきはじめて美しく黄金色に輝くようになる11月下旬に「菩提寺大イチョウライトアップ」が行われます。日が暮れてからゴールドの葉をまとったイチョウの木を美しく照らすライト。こちらも毎年、多くの人がその素晴らしいイチョウの姿を見に訪れているんですよ。

 

しかし2019年度は10月に大型の台風が日本を直撃。イチョウの木も広範囲で枝折れなどの被害があり、残念ながら中止になってしまいました。2020年以降の予定はまだ未定ですが、ぜひライトアップされたあの圧巻の佇まいを見たいですね。

 

 

イチョウの見頃は?

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉
菩提寺の大イチョウを見るならやはり黄葉の時期がベストシーズン!タイミングを見計って岡山に訪れたいですね。菩提寺は那岐山の中腹にあるので、イチョウが色付く時期はだいたい例年だと11月下旬から12月上旬ぐらいが見ごろです。

 

ただ地球温暖化や最近の暖冬傾向で、毎年イチョウが見ごろになる時期は微妙に変わるのだとか。黄葉のイチョウを見たいのであれば、奈義町観光案内所に事前に確認して一番いい時期に菩提寺に行きましょう♪

 

 

菩提寺への行き方

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉
菩提寺への行き方を紹介します。菩提寺は伊邪那岐命の神霊が鎮まっていると言われている那岐山にあります。ちょうど中腹あたり、標高でいうと600mくらい。ハイキングがてら歩いて登るのであれば、高円バス停から徒歩で70分ほどです。車で行くのがベストで、中国自動車道美作ICからは約30分、津山ICからだと約40分で行けます。

 

駐車場もあるし、イチョウが色付く季節は夜冷え込むこともあるので、やっぱり車で行くのがおすすめです!

 

 

時間があれば那岐山からの眺めもおすすめ

菩提寺まで行ったら、ぜひ那岐山の山頂まで足を伸ばすのがおすすめ。標高1,255m、那岐山は実は中国山地で氷ノ山後山那岐山国定公園にも指定されている素晴らしい峰なんですよ。頂上からは360度の大パノラマで大山や氷ノ山、さらに四国の山々や日本海などを一望することができます。

 

那岐山は神話に出てくるイザナギやイザナミがこの峰に君臨したと言われる伝説から那岐の仙(なぎのせん)とも呼ばれる山。霊性の高い山にぜひ登ってみましょう。

 

 

菩提寺周辺の宿

菩提寺周辺には実は素敵な温泉宿がいくつもあります。せっかく岡山の菩提寺まで来たら、那岐山にゆっくり登って温泉宿で汗を流して一泊して、美味しいものを食べるプランはどうですか?

 

中国自動車道美作ICから8分のところにある竹林の中の「美人湯・離れ露天風呂 やさしさの宿 竹亭」や、津山ICから車で約10分の「ザ・シロヤマテラス津山別邸」、美作ICから車で8分の1200年続く「幻の湯治の郷 湯郷温泉 季譜の里」などがおすすめです。

 

 

菩提寺周辺の食事処

菩提寺の近くにあるお食事処を紹介♪ドライブがてらお昼を食べて菩提寺に行ってもいいし、イチョウをみてからゆっくりご飯を食べたり、お茶を飲んだりするのもおすすめです♡

 

那岐山麓山の駅は、レストランやコテージなどの施設があり眺めもいい休憩どころ。他にもお食事処もなみやカフェテラスリンデンバーム、バロンセブン男爵など3kmほどのところにいろいろとあるので、お腹が空いたら近くのレストランやカフェでバッチリ腹ごしらえもできます♪

 

 

菩提寺の大イチョウに会ってパワーをもらおう

岡山 イチョウ 見どころ おすすめ 菩提寺 ぼだいじ 秋 紅葉


岡山にある観光スポットの中でもパワースポットとして人気の菩提寺を紹介しました。平安時代からある本堂はもちろんですが、迫力ある大イチョウの木もぜひ見たいですよね!紅葉の時期には、是非黄色く色付いたイチョウを眺めたいものです。時間を取って温泉宿に一泊して行くのもおすすめ。

 

車がある方が便利なので、菩提寺に行くときにはレンタカーを借りるとあちこちに足が伸ばせますよ。菩提寺の境内で900年の時代を見守ってきた大イチョウに会って、パワーをもらいましょう♪

名称:菩提寺

住所:岡山県勝田郡奈義町高円1528
TEL:0868-36-7311(奈義町観光案内所)
時期:大イチョウの紅葉:11月下旬~12月上旬

HP:https://www.okayama-kanko.jp/spot/11832

 

この記事をシェアする

お気に入り

※掲載されている情報は掲載時点の情報です。営業時間、価格、掲載内容に変更がある場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

関連記事をチェック

PICK UP今だけの注目情報