美味しいものが盛り沢山!岡山のおすすめ郷土料理10選

重要なお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大防止などにより、各施設が臨時休業、または一部利用不可となる場合があります。
営業状況や再開の予定などは、各施設へ事前にご確認ください。

美味しいものが盛り沢山!岡山のおすすめ郷土料理10選

この記事をシェアする

中国地方の南東部にあり、瀬戸内海や中国山地を望む豊かな自然が特徴の岡山県。そんな岡山県には、恵まれた環境を生かし、地域に根付いた伝統料理や郷土料理が数多く存在します。誰もが一度は耳にしたことがあるメジャーなものから、知る人ぞ知る名物料理まで、岡山県を訪れたらぜひ食べて欲しい絶品料理を紹介します♪

岡山に行ったら絶対に食べたい絶品郷土料理

カラフルなばらずし

岡山県の郷土料理と聞いて、皆さんはどんなものを思い浮かべますか?桃やマスカットなどのイメージが強く、郷土料理と言われるとなかなか思いつかないという方もいるのではないでしょうか。


海や山に囲まれ、農産物や海産物が豊富に獲れる岡山県には、他県にはない特徴的な郷土料理がたくさんあるんです。ここでは、岡山県を代表する郷土料理や今なお人気の高い伝統料理、おやつにもぴったりな一品など、岡山県に行ったら必ず食べて欲しい料理を10個紹介します♪

 

 

①岡山ばらずし

瀬戸内海で獲れる海の幸や、旬の野菜をふんだんに盛り付けた岡山県を代表する郷土料理である「岡山ばらずし」。岡山ばらずしは、江戸時代、藩主池田光政によって出された「一汁一菜」の倹約令に反発した庶民が、たくさんの魚や野菜を寿司飯の中に混ぜ込んで「一菜」としたことから生まれたと言われています。


その華やかな見た目からまつりずしとも呼ばれており、お祝い事やお祭り、来客の接待などに欠かせないハレの食事として地元の人々に愛されているんです♡

 

 

②ままかりずし

美味しそうなままかり

隣からママ(ご飯)を借りに行くほど美味しいことから、その名がつけられたと言われるままかり。ままかりとはサッパと呼ばれる小魚を酢漬けにしたものです。サッパは全国どこでも取れる魚ですが、特に瀬戸内海の急流で育った岡山県で獲れるサッパは脂が乗っており、肉厚であることでも知られています。


このままかりをを握りにしたものが「ままかりずし」で、岡山県の南部地方では、お祭りやお祝いの席には欠かせない料理として親しまれているのだとか。お酢の効いたさっぱりした味わいが特徴で、わさびや醤油がなくても美味しく食べられますよ♡

 

 

③サワラのこうこずし

サワラのこうこずしは、酢漬けしたサワラの切り身とたくわん、エンドウを酢飯に混ぜて作る備前市日生町に伝わる郷土料理です。こうことはたくわんのことを指し、その昔、寿司の中に添え物のたくわんが混ざってしまい、それを食べたところ非常に美味しかったことから、こうこを混ぜることが定番になったのだそう。


日生町では、豊漁のお祝いと漁業の安全を祈願し、お祭りや船降ろし、端午の節句などお祝いや地域の集まりの際にサワラのこうこずしがよく出されているんですよ♪

 

 

④たこめし

全国でもトップクラスのたこの漁獲量を誇る岡山県。たこを使った料理の中で特に人気が高いのは倉敷市の郷土料理「たこめし」です。


ぶつ切りにしたたこを炊き込みご飯にするのが倉敷市のたこめしの特徴で、たこの甘みとシコシコとした独特の食感、凝縮された旨味が染み込んだご飯がたまらない一品♡


お店によって中の具材や、ご飯の味付け、トッピングなどが異なるので、食べ比べながら好みの味を見つけるのも楽しいかもしれません。

 

 

⑤しのうどん

江戸時代後期、歌人としても名高い良寛和尚が円通寺での修行中に食べていたと言われる倉敷市玉島の名物「しのうどん」。良寛さんゆかりのうどんとして地元でも親しまれています。


幅2cm、長さ1m以上もある麺が特徴的で、うどん1本がお茶碗1杯分であることから別名「一筋一椀」とも言われています。しっかりとしたコシともっちりした食感の極太の麺は食べ応え抜群で、店舗によって様々な出汁や具材が楽しめることも人気を集めています。

 

 

⑥鯛麺

茹でたそうめんの上に鯛の姿煮が豪快に盛り付けた郷土料理「鯛麺」。めでたい(鯛)ことが、麺のように長く続くようにという願いが込められた縁起の良い料理で、岡山市、浅口市などの瀬戸内海沿岸の地域では、昔から結婚式などのお祝い事の席で欠かさずに出されていたと言われています。


鯛麺は、鯛の身を崩しながらそうめんとともに食べるのがおすすめ。ツルツルとしたそうめんと鯛の上品な味が組み合わさった極上の一品です!

 

 

⑦蒜山おこわ

蒜山おこわは、もち米に、鶏肉や油揚げ、しいたけやごぼう、にんじん、小豆や栗、ぎんなんなどの具材を入れ込んで蒸しあげた蒜山地方の郷土料理です。


その昔、赤飯づくりの際に間違ってちらし寿司の具材を入れてしまったので、ついでに小豆も入れ炊いたところ非常に美味しかったことから生まれたとのだとか♪蒜山地方ではお祝い事やお祭りに欠かせない料理です。


目にも楽しい様々な具材と醤油味のおこわがマッチした食欲をそそる贅沢な一品です。

 

 

⑧けんびき焼き

田植えを終えた旧暦は6月1日は岡山県の方言で「ロッカツヒェ」と言われ、村中で農作業を休む節目とされていました。豊作祈願のため、心身の疲れを癒すために多くの農家でこの時期に作られていたのが、あんこ入りの小麦(または米粉)生地にミョウガの葉を巻いて焼き上げた「けんびき焼き」です。


けんびき焼きは、外はこんがりと焼き色がついて香ばしく、中はしっとりと柔らかい食感が特徴♪焼きたてはもちろん冷めても美味しく、おやつにぴったりです!

 

 

⑨きびだんご

もちもちのきびだんご

岡山県を代表するお土産といっても過言ではない「きびだんご」。きびだんごはその名の通りきび粉を使用して作られただんごのことで、桃太郎が鬼退治を成功させた源となった縁起の良い食べものとして高い人気を誇っています。


一口できびだんごと言ってもその味や食感はお店によって様々。きび粉のみを使用した伝統的なきびだんごから桃やマスカット味のもの、チョコレートやあんこが中に入ったものなど、数多くのバリエーションが揃っています♪

 

 

⑩むらすずめ

むらすずめは薄く焼き上げたカステラのような生地にあんこを包んだ生菓子です。生地の色や焼いた際にできる気泡がたわわに実る米を連想させることから、天領として栄えた倉敷地方を象徴する伝統的な銘菓として広く知られています。


豊作祈願の踊りの際に被られていた編み笠に似た半月のような形が特徴的で、和製クレープと呼ばれることも。元祖といわれる「橘香堂のむらすゞめ」をはじめ、現在では様々なメーカーがむらすずめの製造、販売をしているので、生地や餡の違いの食べ比べも楽しめちゃいます♪

 

 

岡山の郷土料理を堪能しよう!

天気のいい日には絶景が

今回ご紹介したもの以外にも、イイダコの煮付けやジャクの天ぷら、初雪や葉わさびずし、万善カブラの浅漬けやクサギナのかけ飯など、岡山県にはまだまだ魅力的な郷土料理が数多く存在します。


郷土料理は、その地方の歴史や気候、古くから根付く文化や食生活などを象徴する食べ物です。岡山県に訪れた際は、岡山県ならではの郷土料理やグルメをぜひ堪能してみてください。きっと岡山県の新たな魅力を発見できること間違いなしです!

この記事をシェアする

お気に入り

※掲載されている情報は掲載時点の情報です。営業時間、価格、掲載内容に変更がある場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

記事タグ

関連記事をチェック

PICK UP今だけの注目情報