どこから見て楽しむ?水島コンビナートのおすすめ観光方法教えます

重要なお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大防止などにより、各施設が臨時休業、または一部利用不可となる場合があります。
営業状況や再開の予定などは、各施設へ事前にご確認ください。

どこから見て楽しむ?水島コンビナートのおすすめ観光方法教えます

この記事をシェアする

日本有数の工業地帯「水島コンビナート」とは

水島コンビナートは、岡山県倉敷市の瀬戸内海の埋立地に位置しています。2,500ヘクタールほどの敷地内に約230の事業所が集まっていて、鉄鋼と自動車生産、石油精製などを中心とした、日本でも有数の重化学コンビナートとして発展し続けているのです!

コンビナートが夜美しく光る様子は、「日本夜景遺産」及び「夜景100選」にもなっているほど。全国各地に夜景がきれいな工業地帯はありますが、水島コンビナートはなんといっても規模の大きさに由来するダイナミックさが魅力です♪

夜景スポットから水島コンビナートの景色を楽しもう

 広大な水島コンビナートの夜景は、眺める場所によっても違う表情を見せてくれます。「サノヤス造船所前」のような遠景からや「鷲羽山スカイライン」の高台からなら、その夜景の全貌をカメラに収めることもできるでしょう。


一方、「潮通(うしおどおり)」では工場地帯を間近で見たり、「工場夜景クルージング」では海上からの眺めを楽しんだりすることもできます。水島コンビナートの夜景スポットを5つ紹介しますので、さまざまな夜景を見に出かけてみましょう♪

※新型コロナウイルスの影響により、クルージングの4、5月の運航は中止しております。

 

 

おすすめ夜景スポット(1)サノヤス造船所前

「サノヤス造船所」は、水島コンビナートの中心部から見て南東部の対岸に立地しています。造船所の脇には釣りスポットとしても人気の堤防があり、ここからは世界最大規模の製鉄所であるJFEスチールの工場と、そこから大きく煙が立ち上る様子を見ることができるでしょう。


また、造船所の南東にある「通仙園展望台」からは、水島コンビナートを海側から一望することができます。海とコンビナートの夜景とをカメラに収めたい方にはおすすめのスポット!比較的人が少なく、夜景観光の穴場ともいえる場所です。

 

 

おすすめ夜景スポット(2)鷲羽山スカイライン

瀬戸内海国立公園内を走る「鷲羽山スカイライン」は、水島コンビナートの夜景観光のメッカとなっています。瀬戸中央自動車道の水島ICから西にある、広江6丁目交差点から入っていくことができ、昼夜問わずドライブが楽しめちゃいます♪


スカイラインの途中にある「水島展望台」からは、夜も稼働し続けているコンビナートの夜景を一望できます。大パノラマが眼下に広がり、コンビナートの無数の灯りと瀬戸内海の水面とのコントラストは見応え十分です!

 

 

おすすめ夜景スポット(3)児島宇野津

ちょっと変わった風景を見たいという方は、「児島宇野津」から田園風景と水島コンビナートとのコラボレーションを楽しんでみてはいかがでしょうか♪


昼間は棚田の緑とその後ろに見えるコンビナートのコントラストを、夜は田園の静けさの向こうにコンビナートの灯りを見ることができます。特に美しいのは田植え直後の時期で、水面に灯りが鏡のように映る様が印象的。また、秋には金色の稲穂とコンビナートとの景色も楽しめますよ。

 

 

おすすめ夜景スポット(4)潮通

水島コンビナートの工場群を間近に見たいのなら、「潮通(うしおどおり)」がおすすめです。水島臨海鉄道の浦田駅からは、県道274号線を南下するとアクセスすることができます。


水島の火力発電所や製油所のタンク群などの近くへ行き、見上げる景色を楽しむことも。工場のパイプラインを間近にしながら、迫力ある写真を取ることが可能です。工場萌えマニアからの、人気のスポットともなっています。


撮影禁止エリアもあるので、立ち入らないように注意しましょう!東京製鉄や関電工などの工場を臨むことができます。

 

 

おすすめ夜景スポット(5)児島通生の陸橋

「児島通生の陸橋」からは、水島コンビナートの夜景と陸橋の下を走る道路の車のライトとのコラボレーションを楽しむことができます。


ハイスペックカメラと三脚をお持ちなら、シャッタースピードを落として車のライトの軌跡を「7」の形に撮影する、「レーザーセブン」を狙うことも!


陸橋へ行くには、まずは車で国道430号線を児島方面へ南下し、「瀬戸埠頭口」の信号から2分ほどの陸橋を目印としましょう。陸橋を通り過ぎたら迷惑にならない場所に駐車して、徒歩で陸橋の上を目指しましょう♪

 

 

工場見学で中から水島コンビナートを知る

水島コンビナートの楽しみ方は、遠くからの夜景ばかりではありません。コンビナートの中に立地している工場や製油所、発電所では工場見学が実施されています。なかなかお目にかかれない、巨大なスケールでのものづくりや稼働する機械類を目にすることができるでしょう。


倉敷市が提供している観光コースには、工場見学に加えて「鷲羽山展望台」からの夜景鑑賞、明治時代の建物を復元した資料館「むかし下津井回船問屋」の見学などが盛り込まれています。午後から夜にかけて、水島コンビナート周辺を楽しむことができますよ♪

 

 

三菱自動車工業水島製作所の工場見学とは?

水島コンビナート内の三菱自動車工業水島製作所では、車づくりの全ての工程を見学できるツアーが開催されています。世界でも珍しいという自動車の一貫生産工場で、総敷地面積は東京ドームの27倍ほど。約5,000人の従業員が働く大規模工場を巡ることができます。


まずは巨大なプレス機で鋼板が車のボディーやドアに成形される様子を見学。その後場所を移し、ロボットアームがボディーを次々と溶接される様子を見ることもできます。全体の所用時間は1時間半ほどなので、ぜひ大人の社会科見学を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

 

 

水島コンビナートの楽しみ方はさまざま!

水島コンビナート周辺では夜景を楽しむ以外にも、その巨大な工場群に触れるツアーなどでさまざまな楽しみ方が可能です。工場夜景クルージングでは、瀬戸内海の夕日と合わせ、ロマンチックな雰囲気に浸ることもできそうです♡


複数ある夜景スポットは、山の上からの遠景や間近な場所からなどと千差万別なので、可能であれば複数の場所を巡ってみてはいかがでしょうか。日本有数の工業地帯である水島コンビナートでは、きっと特別な夜景に出会えるはずです!

 

 

この記事をシェアする

お気に入り

※掲載されている情報は掲載時点の情報です。営業時間、価格、掲載内容に変更がある場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

関連記事をチェック

PICK UP今だけの注目情報